本書は、明治32年に、乗松雅休兄と首藤新蔵兄が、ブランド兄と共に、ギリシャ語から直接日本語に訳したものです。
両兄とも、英語には堪能だったと聞きますが、ギリシャ語は初めての経験だったと思われます。

このPDF版は、印刷された復刻版をスキャンしたものです。
残念ながら、印刷の質があまり良くないため、読みにくいものとなっています。

さらに、頭注には、聖書中の本の名前を、明治の頃の略記号で表しています。
ネット等で検索して下さい。

なお、この翻訳文は、明治二十年代に発行された文語訳旧約聖書を参照した形跡があります。
現在、比較的簡単に手に入れられる文語訳旧約聖書は、大正期のもので、明治期のものとは少し違いがあります。
混乱する時がありますので、ご注意まで。