聖書の殆どの書物は「神は、こう言われる」と、私たちに語りかけます。預言者は自分の考えではなく、神が言われることを語り、神の言葉として書き記しました。神は言われる、と。記号にすると↓上(神)から下(人間)です。それに対して詩編は、私たちの代弁として神に語りかけています。記号にすれば↑下から上にとなります。そこが大きく違っています。詩編の殆どが、神への語りかけ(時に叫び、嘆く)です。それは、祈りと言い換えられます。詩編の祈りです。もちろん150編の中には、人が人へと語り教える詩もあります。祈りを学ぶのに、最適なのが詩編です。しかし、祈りとはどういうものかの説明や記述はありません。祈りそのものが書き記されているのです。それを通じて、信仰とは、神とは、救いとは…を学ぶのです。

 サムエルは答えた。「どうぞお話しください。
 僕は聞いております」(サムエル上3章10節)

 信仰は聞くことに始まりますから(ローマ10章17節)、静まって耳を澄ます必要があります。そこで上記の聖句が引き合いに出されます。少年サムエルのように、と。そうしていますか?神が語られるのを、まず聴くことです。私たちは僕(しもべ)ですから。しかし、祈りにおいては、これだけではなく、私たちの方が先でも良いのかも知れません。神の子どもとしてなら、その方が自然でしょう。幼稚園から帰って来た子どもが、お母さんの前にちんまりと座って、「母よ、お話しください。子どもは聞いております」と言うでしょうか。むしろ、今日、幼稚園であったことを、舌足らずの口調で一生懸命に母親に話そうとします。母親は注意深くそれに耳を傾け、子どもが話し尽くしたら、「そうなの、よかったわねえ」また「そんなことがあったの、でもねえ」と、話すのではないでしょうか。そうすれば、聴いてもらって、ふと静かになった子どもの心にスーッと母親の言葉が流れ込んでいくでしょう。私たちと神との関係も、それと同じではないでしょうか。その上で、サムエルのように、「主よ、私に必要なお言葉を語ってください。僕は聞いております」と言うのです。そうすれば、聞きたいと思っていた神からの御言葉が、魂に響くように聞こえてきます。そこに祈りの醍醐味があります。
 詩編の祈りは、私たちを祈りへと導き、神へと至らせてくれます。詩編を、そのように読みたいのです。