生涯の日を正しく数えるように教えてください。
 知恵ある心を得ることができますように。
             (詩編90編12節)

 メメント・モリは、ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句です。上記の聖句は、生涯の日(残された日々)を正しく数える知恵を求めた祈り、モーセの祈りです。永遠の神の前では、本当にはかないのが人間の命と営みです。千年といえども御目には 昨日が今日へと移る夜の一時にすぎません(4節)。『平家物語』は、祇園精舎の鐘の音 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理あらわす おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢の如し 猛き者も遂には滅びぬ ひとえに風の前の塵に同じ…と始まります。おごる高慢さを戒め、自分の死を正しく受け止める必要が聞き取れます。しかし、死を想い、語ることは、とかくタブー視されがちです。でも今を充実して生きるためには、自分の最期を覚えることが大切です。モーセは人間の罪に対する神の怒りを語っています。11節:御怒りの力を誰が知りえましょうか。あなたを畏れ敬うにつれて あなたの憤りをも知るでしょう。そして、冒頭の聖句が続きます。十字架の死は、私たちが受けるべき神の怒りを、主イエスが身代わって受けられたものです。主の御苦しみは、私たちの罪が、どんなに深く重いかを示しています(礼讃355番3節)。十字架の救いを恵みとして受け取り、残された生涯の日を正しく数える知恵を、祈り求めたいものです。

 スティーブ・ジョブズは17歳の時、次の文章を読みました。毎日が人生最後の日であるかのように生きていれば、いつか必ずその通りになる。それ以来、毎朝鏡を見て、「今日が人生最後の日だとしたら、私は今日する予定のことをしたいと思うだろうか」と自問したと言います。今だけに集中して生きることです。出遭う人や出来事、なすべきことなどに対して、これが最後かも知れないと思うなら、向かい方が変わります。一期一会の気持ちです。胃がんで余命宣告を受けた男性を描いた『生きる』(黒澤明監督)という映画を思い出します。彼が真剣に充実して生きたのは、最後の数か月でした。私たちは人からの評価やプライド、恥などで悩みますが、それらは死を前にすると消えてしまいます。本当に重要なことは、死を越えて生きる永遠の命だと気付くからです。メメント・モリ、一期一会の心で、主の十字架を仰ぐ毎日でありたい。